admin のすべての投稿

振り返り。terraceの2010年や震災のこと。

北村です。だいぶご無沙汰していますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。ぼくはそこそこ元気です。毎日料理をして、戯曲を書いて、粛々と引っ越しの準備を進めています。

さて今日は。

すこーし遅いけれど、ホッピーに続いて2010年度の活動の振り返りなど認めます。ぼくなりにね。
ではさっそく。

2010年度はとにかく、たくさんワークショップをやりました。細かいことは省きますが、北へ南へあちこちの学校へ飛びました。下は小学校低学年から上は高校3年生まで全国の子どもたち(たまに大人も)に遊んでもらって、行く先々で土地の人々に触れ、食べ物を口にして、ビールを飲みました。

そりゃあもう楽しかった。どの街も、人々も、出来事も印象深かった。得難い経験がたくさんできた一年でした。

一方で、なんだかずっともやもやしていたこともあります。今自分がしていることはなんなのか。演劇のワークショップは、それを通じて彼らが体験することにはどんな意義があるのか。その場に立ち会う自分にはどんなバックがあるのか。根本的なところでよく分からなかったのです。よい酒の肴にはなったんだけど、それはまた別の話だし。

とはいえ分からないなりにも続けてみるものでして。慌ただしい行脚を続けていくうち、なんとなく自分の中で気づいたことや、考えたい、試したいと思うことが身体の中に積もっていくのを感じていました。

事業が終了したのは2月です。次年度が始まるまでにはまだじゅうぶん時間があるし、温泉にでも浸かりながらゆっくり考えようかなあ。そう考えていた矢先のこと。3月11日がやってきました。

世の中がすとんと変わってしまい、まずは無力さが先に立ちました。ぼくには演劇の即効性のなさが歯がゆかった。もちろん、できることがないわけじゃない。人と空間があれば劇は創れるし、それを観てもらうことも、そうして得たお金を被災地に送ることもできる。場合によっては、被災者に観てもらうことだってできるでしょう。それが本当に必要かどうかはさておき。

まず生きること。ぼくたちがやってきた「芸術表現を通じたコミュニケーション」よりも、今すぐ温かいスープと毛布を必要とする人々があれからずっと、そこにいることは動かしようのない事実でした。

けっきょくこの一年でしてきたことって、なんだったのだろう。悪いことではなかったはずだけど。じゃあ、どんないいことがあったのだろう。たとえばいわきにも何回も通ったけれど、あの子たちは今この状況をどんなふうにして過ごしているのだろう。学校が用意したイベントのひとつである以上に、何か役に立つことを残せただろうか。詮無い考え事が続きました。

あの時あんなに笑っていた子たちが渋い顔をするのは嫌だな。たまにでいいから、あの時しゃべったことや、身体を動かしたこと、一緒に考えたこと、何かひとつでも思い出してくれないかな。だってあれ、楽しかったじゃない。ほら、大変な時ほど、誰かと話したり笑いあったりすることは大切でしょう。だんだん、そう考えるようになっていました。

だってぼくたちがやってきたワークショップは、そういうアンテナの感度を上げるための作業でもあったはずだもの。直接役には立たなくたって、困難に立ち向かうための知恵を仕込むくらいはできたはず。それはきっと、ぼくたちがワークショップを行うことの意義のひとつであり得るだろう。

もちろん、それは確かなことではありませんし、実証するのもとても難しい。個人の思い込みのレベルとさえ言えます。ただし、よくよく考えたらぼくは演劇から、そうしたことをずっと学び実践してきたのだ。これは信じるに値する。

その考えははからずも、これまでずっと引っかかっていたことの答えのひとつであるようにも思えました。すべてじゃないにしてもね。

 

2011年度も、terraceはあちことでワークショップを展開する予定です。去年までとは違うこともたくさんあるでしょう。これまで培ってきたことを大切にしつつ、その時がくればいつでもポォンと手放せるような自由な姿勢で臨みたいです。ポォンとね。

それでは今日はこのへんで。また気が向いたら何か書きます。皆様、ごきげんよう。

ある学校の体育館

ある学校の体育館。

ここでワークショップをするのは今日が初めてである。
あと5分で子供たちがやってくる。講師たちは歌を歌ったり、ストレッチをしたりしながら、まだ見ぬ子供たちとの出会いに備えている。
体育館に響いている歌は一昔前のもので、きっとこれからやってくる子供たちは知らないか、もし知っていても美空ひばりと同じ「懐メロ」のカテゴリーなのだろう。

まもなく入り口の方から賑やかな声が聞こえてくる。
先生に促されて挨拶する声は一様に明るい。この時間を楽しみにはしてくれているのだと知り、ホッとする。

チャイムが鳴ると、講師がそれぞれ自己紹介する。
「ホッピーです」と言った途端にドッと笑いが起こる。よし。

諸注意の後、ランダムウォーク。一人になって、歩く。走らないように、隙間を作らないように。
友達にちょっかいを出している子を発見。注意しようとしたら他の講師から先に注意が飛ぶ。

続いて2人一組になってフローズンピクチャー。メイン講師からデモに指名され、扇風機をやる。こういう事は考え込まずにやるのがポイントだが、いつもやり終わった後に「あそこをこうすれば良かった」と後悔する。でもこの後悔が次の表現活動の原動力になるんだよなと大それたことを考えていると、生徒のフローズンピクチャーが始まる。急いで見て回る。
このグループはまだ形になっていないけど、もう少し待っていると面白くなりそう。でもここで立ち止まっていると全員にコメントが出来ない。後ろ髪引かれる思いで他のグループに足を進める。結構面白い作品が多い。

4人組、8人組になると、だんだんグループやクラスの差が見えてくる。男女に分かれてしまうグループ、喧嘩が勃発するグループ、誰かが始めるまで誰も動こうとしないグループetc……。おそらく普段の学校生活で繰り返されてきた光景なのだろう。これからの5回のワークショップの中でどう変わっていけるか。少なくとも変わるきっかけを作れたらと思う。

休憩後はフローズンピクチャーの最後に組んだ8人グループで「遊びたい公園」を身体創作する。滑り台、ブランコ、シーソーなど次々と出来上がっていく。傍らを見ると呆然と立っている子が3人いる。

「この公園にどんなものがあったら楽しい?」
「遊びたくない。とりあえず寝たい」
「じゃあ寝るとこあった方がいいね。どんなとこで寝たい?」

僕の頭には真っ先にダンボールハウスが浮かび、提案したい気持ちでいっぱいだったが、さすがにシュールすぎるし、押し付けは良くないと思いとどまる。

「ベンチかな」
「いいじゃん。ベンチ作ろう」

男子2人が土台となり、女子が遠慮がちな手すりになる。
遊びたい人から休みたい人まで集う素敵な公園が出来た。

公園が出来ると鑑賞タイム。他のグループが創った公園を見たり、他のグループに自分達の公園を見てもらったり。他のグループの公園に、自分達にないアイデアを発見して「すげえ!」「こんなのあり!?」という声が上がる。それを聞いて得意になって公園はさらにカッコ良くなる。見る人と見られる人が一体となった瞬間だ。
「見る人と見られる人が一体となって演劇は出来ている」とは言ったものだが、実はプロの舞台では滅多にない光景だ。
演劇をやっていて良かったとつくづく思う。

鑑賞タイムの後はグループに戻って振り返り。どんなところが楽しかったか、どんなことが難しかったか。一緒に苦労した仲間だからこそ、自分の言葉で語り合える。

最後はクラスごとに並んで、チャイムと共に終わりの挨拶。
興奮冷めやらぬ様子で体育館を後にする。「ホッピーじゃあねー」と言われて、手を振る。次来るのは夏休み後だ。待ち遠しい。

以上昨年度を振り返りながら書いてみました。
今年度は劇作家という職域を生かしたワークショップへの関わり方を考えていきたいと思っています。
ワークショップも自分のアート活動の一部なのだという自負を持って臨みたいです。

 相馬杜宇(あいばもりたか) ワークショップネーム:ホッピー

八丈島からこんばんは

terraceの理性、北村です。
今日はお昼過ぎから八丈島を訪れています。
明日から島の小学校で実施するワークショップの下準備として、
教育委員会の方にあちこちを案内して頂きました。
観光じゃありません、取材です。

取材ですから、今日はいろいろはりきって撮りました。
よって写真多め、文章長めで観光、取材の様子をお送りします。

空港で教育委員会の方々と落ち合いまして、
まず案内されたのがあしたばうどんのお店でした。
一休庵。

http://www.8jyo.jp/towninfo/gourmet/soba/1262.html

冷やしたぬき

この写真じゃ分かりずらいですけどね、明日葉を練りこんだ麺でして、ほんのり緑色です。
明日葉の天麩羅もついて、コシのあるおいしいおうどんでございました。

その後に案内して頂いたのが、玉石垣の道と呼ばれる変わった散歩道。

玉石垣の道

積まれた石が皆、きれいな長丸なのです。
六方造りという技術だそうで、一つの石を必ず六個の石で囲むように積まれています。

ほらね。誰が考えたんでしょうね。
これは民家の庭に生えていたハイビスカス。

ハイビスカス

タコの木。

これ、一本の木なんです。信じられないでしょ。
で、タコの木の実。

確認したんですが、食べられないそうです。
見た目、けっこうおいしそうなのに。

ここまででお気づきかと思いますが、八丈島は南国です。
植物も見慣れないものばかりがそこかしこに植わっています。
こんなのとか。

なにこれ

あー、これなんだっけ。

これなんだっけ

名前、聞いたのに忘れちゃった。

これは猫。

八丈島の猫さん

撮った後、すごい勢いで逃げられました。

玉石垣の道の上にあるふるさと村から見た八丈小島。

八丈小島

今は無人島ですが、昔は人が暮らしていたそうです。
この後、この八丈小島のすぐそばまで参ります。

海岸に来ました。

八丈島の海岸

この写真は丘っぽいけど、溶岩が固まって出来た立派な海岸です。
ほら、こんな。

溶岩の海岸

左奥に霞んでいるのが先ほどの八丈小島です。
これみんな溶岩です。

海。

八丈島の海

片平なぎささんが出てきそうな眺めでした。
なんでも白状しちゃう。

八丈小島

再び八丈小島。
そして、海岸から見た八丈富士。

八丈富士

この後、これに登ります。

ほら来た。
八丈富士、中腹の駐車場から。雲が近いです。

八丈富士の中腹から

さらに、八丈富士から見た三原山。

三原山

ところで八丈島って、ひょっこりひょうたん島のモデルなんだそうです。
この八丈富士と三原山でね、ちょうどひょうたんみたいな隆起を成しているのです。

そして車はさらに山頂へ向け進みます。
牧場に来ました。

ふれあい牧場の牛

こんにちは。

八丈牛乳

これは彼らの仕事です。
俯瞰するとこんな感じの牧場でした。

ふれあい牧場

資料室にあった一枚。

世界一の牛

この島にかつて、世界記録を持つ牛がいた。

高いところにも登らせてもらってキャーとなったところで、宿に連れていかれました。
荷物を置くためです。

部屋にあった黄八丈サブレ。

黄八丈サブレ

本当になんでも撮ってるな。
生まれてこのかた、こんな写真マメだったことないよ。

で、お恥ずかしながら黄八丈のことは知りませんでした。
島名産の織物のようです。
それを模したサブレなんですね。
どんな味かしら。明日のおやつに取っておこうかな。

と、こんな具合にあちこちを覗かせて頂いた後、小学校へ打ち合わせに行って参りました。
遊んでばっかりじゃないのよ。
ちゃんと働くのよ。
そのあと飲んだけどね。

ぐだぐだ写真集は、宿のロビーにいたドン・ガバチョで締めましょうか。

八丈島のドン・ガバチョ

明日はいよいよ、この島の子供たちに会えるよー。
それこそが何よりの楽しみなのです。

二日酔いじゃ申し訳ないし、そろそろ寝ましょうか。

甲府でお食事

北村です。
たまにブログを書いたかと思うとひどいタイトルです。

えー、昨日は甲府昭和高等学校というところへワークショップに行って参りました。
行きも帰りもあずさです。なんか、陽気な車内だったなあ。

観光客に呑まれて気分はすっかりぶどう狩りだったのですが、やってきたのはお仕事なわけで。
今回の生徒たちは高校演劇で全国大会に行ってしまうような猛者たち。
なんでもホイホイやれてしまうので、
途中から一般の俳優向けワークショップに近い形にどんどんシフトしていきました。
非常に充実した時間でした。彼らにとってはどうだったろう。

で、さぁ帰ろうかとなったら帰りの電車までずいぶん時間が余ってました。
2時間くらいあったかな。
すると誰からともなく、

一杯ひっかけちゃう?

甲府駅周辺に土地勘のあった林成彦に連れられて入ったのは
本格的なほうとうを食べさせてくれる居酒屋でありました。

ほら。

ほらほら。

 

この他に地鶏の鉄板焼き、馬刺し、鹿刺しなどを頂いたのですが、
なんかもう夢中だったので特に画像はありません。

あー、おいしかった。
今月、甲府にはあと2回参ります。
もう、もう、楽しみだよー。

いや、ワークショップがね。
食事もだけど。

いわき

林成彦です。

まだ8月だけど、もう夏休みは終わっています。
ちゃんとお仕事しています。
昨日今日といわき市でワークショップでした。

いやぁ、いわきはいいなぁ。
いわき大好き。

「じゃがいも」のカレーは絶品です。
すばらしく辛くて、すばらしく美味い。
写真がなくてごめんなさい。

使命館

待ってくれっ

さて
久しぶりにやって参りました
皆様お待ちかね
写真で彩るterraceの旅
ご存知、館長の澤唯です

またしても
愛媛県は西条市に来ております

いきなりの「飛び出す白ホッピー」
蕎麦屋から駆け出て来る相馬
何を慌ててるのかはわかりませんが
本当に美味しいソバでした

おまえら、そんなにか

そして不審な3人
何をそこまでして撮影しているのか
奥から、terraceの駄々っ子番長・長谷
ホッピー大好き相馬
terraceの良心・唯

まるで仲良しみたいに写っています

ランタナです!

そして被写体

もともとぼくが撮っていたら
「あ、それいいな」
と訳の分からない羨ましがりかたをして長谷も参戦
黙ってスッと真ん中に相馬も加わり

そんなぼくらを綾田が撮ったのでした

欄干橋

夕方からは自由時間
借り物の愛車「ツベルクリン」にまたがって
西条市内を疾走したのです

ツベルクリンは自転車です

歴史ある街並み

由緒ある橋を渡ったり

飛脚が出てきそう

素敵な郵便局を眺めたり

とにかく
目を奪われる風景が目白押し

最近すぐに充電切れする携帯電話で
電池の保つ限り
40枚以上もパシャパシャと

飽きることなく走って撮って

日が暮れる前にあっちもこっちも

弘法水から見た風景

そして
なんといっても西条は水

湧き水

海に湧き出る
という珍しい現象が「弘法水」

前回訪れたのが夜だったので
昼に行けて良かった

でも今回は塩辛くはなかったな

写真は
弘法水から見た海側の光景

西条疾走


ツベルクリン・アイズからの景色

疾走感がまったくないのは
ゆっくり走っているからです

ゆっくり走っているときに
撮ったからです

次は
疾走しながら撮ります

交通安全には気をつけます
おとなですから

ぼく
おとなですから

観音水

最後に「観音水」

すぐ近くにある水汲み場付近を
ついその名で呼びがちですが
本当の観音水はここです

どこの水を見てもキレイ

でも大体
少しは何かが捨てられている

缶とか
ペットボトルとか
マンガ雑誌とか
アイスの袋とか

見事な水は
真に見事な姿を眺めたいものです

大好きな西条の水が
守られていきますように

20100702 西条北中学校

全6回の4回目

ワークショップ名は「わきいでる水になろう!」
水の都・西条に相応しい素敵なタイトルです

一年生全員約250人が対象
まあうるさいうるさい(笑)
1回目を終えたときは講師陣そろって呆然としたものでした

けれど
本格的に「わきいでる水」の創作に入った今
彼らも少しずつ変わってきています
騒がしいのは相変わらずだし
暑さや疲れに負けて集中力が続かないこともありますが
アイデアを出し合って懸命に自分たちなりの湧き水を表現しようとする姿には
今この瞬間を生きる輝きがあるのです

教えるでもなくましてや従わせるでもなく
ぼくら大人が彼らにしてやれるのは
見続けて声をかけて信じることだけなんだなぁと
つくづく思います

突然現れて数回しか会わないぼくらが「君たちを愛している」と言っても
説得力は無いし気味が悪いだけでしょう
けれども
ぼくらは演劇の力を知っているし
人間の力も信じている
一緒に考えてヒントを出して
話して、笑って、ときに怒って
そうして
「ちゃんと見ているから、行けるところまで行っておいで」
と伝え続けるしかないのです

あと2回
彼も彼女も、あいつもこいつも
まだ見ぬ景色を見られますように

 澤 唯

おそば100701

こんばんは、北村です。
今週は西条に入り浸りです。

徳田小学校⇒小松中学校⇒西条北中学校、という
流れでワークショップをして明日は一旦帰京であります。
帰らない(もしくは帰れない)人もいるけどね。

写真はお昼にたべたそばであります。
写真からは分かりづらいかもですが、夏限定メニューのキンキンに冷たいおそばでした。
梅おろし、だったかな。

はっきり言って、当たりでした。
東京でもおいしい蕎麦屋は何軒か知ってますが、負けてない。
というか、水がおいしい分、今日のお店のほうに分があるよなあ。
だけど水云々より、ちゃんとおいしい物を作るんだと追求する姿勢を感じるお店でした。
志のあるお店は、環境を問わずおいしい。
terraceもそうありたいものです。

本当においしかった。
明日も行きたい。
明後日も行きたい。

もう帰るけど。ちぇー。

使命館

本日の給食

まいど
館長の澤唯です

またもや愛媛県西条市に来ています
今回は3泊と、やや長丁場です

6月最後の日は初めてお邪魔するところ
徳田小学校でのワークショップでした

素直で明るい小学生たちに囲まれて
楽しい時間をともに過ごさせてもらいました

そして
ええ、そうです
またしても給食とのめぐり合いです

大明神川

生徒たちに混じって美味しくいただきました

その後
水辺が大好きなぼくは
再び大明神川に会いに出かけたのです

恒例行事

前回とは違うポイント
少しだけ上流に足を向けました

川中の石に立ってみたり

流れたり佇んだり

植物たちも夏らしく生い茂り
水と草木に癒やされたのでした

紫陽花
川、竹、橋

では最後に
そんなぼくとは違い
お酒で疲れを癒すなどと大人ぶる
長谷基弘43歳

すぐに「おんぶしてー」とか言うくせに

長谷inバー