「西条」タグアーカイブ

愛媛県西条市でのワークショップを学校サイトで紹介してもらっています。

MD伊藤馨です。

連投なんですが、愛媛県の西条市でもワークショップの様子を紹介してもらっています。

今回は、丹原小学校と大町小学校。

丹原小学校では、学校だよりで紹介してもらっています。
http://tanbara-e.esnet.ed.jp/modules/tinyd1/index.php?id=36

日記にも写真が少しだけアップしてあります。
http://tanbara-e.esnet.ed.jp/modules/wordpress0/index.php?p=219

大町小学校では、学校日記に書かれています。
http://ohmachi-e.esnet.ed.jp/modules/wordpress0/index.php?p=288

こうやって、いろいろと紹介してもらっていますが、その裏では、昨年末までに終わった学校への、事後の様子を伺いに行っていたりもします。
伺った学校の校長先生が、「こうやって児童のことを親身になって考えて、担任と話をしてくれる人というのが居るということが心強い。」と、おっしゃって下さり、なんだかこそばゆい気持ちになりました。
また、学級の担任の先生も、「この事業をやったからと言って、何かが劇的に変わるということはないけれど、少しずつ何かの芽が生えてきたような気がする。」「学校以外の第三者の目で見た子供たちの様子を保護者に伝えることが出来た。当事者ではない人たちが、こどもたちをどう見たのかということは、保護者にも担任にも有効なものになる。」というようなことを教えてもらい。更に、プログラムに磨きをかけ、運用に妥協がないようにしていかないといけないのだな。と、身が引き締まりました。

そうした事後に子供の様子を聞くことはとても勉強になるだけでなく、非常に豊かな時間でもあると感じます。
こういう時間を持って、ゆっくり子供のことを考えるのは、日常の中では難しいというような話もいろいろな学校で伺います。
そんな先生たちを少しでも楽しい気分やゆったりした気分になってもらいたいと思うので、もっともっと見てもらいたいし、楽しんでもらえたらと思います。

明日からは、また西条市で一週間がっつりワークショップ三昧です。
がんばるぞー。

やってきました。愛媛県西条市!

MDの伊藤馨です。

今日から、西条市でのコミュニケーション教育(児童生徒のコミュニケーション能力の育成に資する芸術表現体験事業-派遣事業)が始まります。

西条市では4年目。

この事業の初年度からお世話になっています。

こうして地方の自治体レベルで協力し続けてくれる地域があると、それだけ地域のことをピックアップしていけるし、また、先生同士の間での情報交換も行われてくるし、だんだん実施自体がこなれて中身もよいものになっていきます。

僕らのワークショップは、演劇の非日常空間で日常空間(学校生活)で培ったものをこどもたちに再確認、再認識してもらうものだと思っています。

必要なのは、人と人がわかりあうために、少しでも人の間にあるものに興味を持ってもらうこと。

そのために、シンプルでわかりやすく、こどもたちの状態に合わせて運用を変えることが出来るプログラムが必要だと思っています。

西条市で運用しているプログラムもバージョンの変化を重ねつつ、こういう基本的なところは変わらないものが徐々に出来上がってきています。

これは、ひとえに西条市の教育委員会や学校の先生方のご協力の賜物です。

ワークショップが一過性のものではなく、その後に残るものにしていくという、短期間のものであるからこそ、こどもたちの中に、先生の中に大事な時間に少しでもなるように今回もがんばって行きたいと思います。

学校のblogなどで紹介されたり、また、色々とご報告出来ればと思います。

今日はあいにくの雨模様ですが、がんばってきます。

 

愛媛県西条市立吉井小学校のブログに紹介されました。

MD伊藤馨です。

西条市の吉井小学校のブログに紹介していただきました。
いまのところ、全部で三回のうちの二回が終わっています。
写真がいっぱいで、こどもたちへの課題もきちんと書いてあります。
ビジュアル的に見て、何をしているかわかりやすいものを作っていただきありがとうございます。
来週の三回目。しっかりがんばってきます。

 

一日目

 

 

コミュニケーション事業・ワークショップ(5年生)

http://yoshii-e.esnet.ed.jp/modules/wordpress0/index.php?p=555

 

二日目

 

 

コミュニケーション事業2日目(5年生)

http://yoshii-e.esnet.ed.jp/modules/wordpress0/index.php?p=556

 

 

使命館

待ってくれっ

さて
久しぶりにやって参りました
皆様お待ちかね
写真で彩るterraceの旅
ご存知、館長の澤唯です

またしても
愛媛県は西条市に来ております

いきなりの「飛び出す白ホッピー」
蕎麦屋から駆け出て来る相馬
何を慌ててるのかはわかりませんが
本当に美味しいソバでした

おまえら、そんなにか

そして不審な3人
何をそこまでして撮影しているのか
奥から、terraceの駄々っ子番長・長谷
ホッピー大好き相馬
terraceの良心・唯

まるで仲良しみたいに写っています

ランタナです!

そして被写体

もともとぼくが撮っていたら
「あ、それいいな」
と訳の分からない羨ましがりかたをして長谷も参戦
黙ってスッと真ん中に相馬も加わり

そんなぼくらを綾田が撮ったのでした

欄干橋

夕方からは自由時間
借り物の愛車「ツベルクリン」にまたがって
西条市内を疾走したのです

ツベルクリンは自転車です

歴史ある街並み

由緒ある橋を渡ったり

飛脚が出てきそう

素敵な郵便局を眺めたり

とにかく
目を奪われる風景が目白押し

最近すぐに充電切れする携帯電話で
電池の保つ限り
40枚以上もパシャパシャと

飽きることなく走って撮って

日が暮れる前にあっちもこっちも

弘法水から見た風景

そして
なんといっても西条は水

湧き水

海に湧き出る
という珍しい現象が「弘法水」

前回訪れたのが夜だったので
昼に行けて良かった

でも今回は塩辛くはなかったな

写真は
弘法水から見た海側の光景

西条疾走


ツベルクリン・アイズからの景色

疾走感がまったくないのは
ゆっくり走っているからです

ゆっくり走っているときに
撮ったからです

次は
疾走しながら撮ります

交通安全には気をつけます
おとなですから

ぼく
おとなですから

観音水

最後に「観音水」

すぐ近くにある水汲み場付近を
ついその名で呼びがちですが
本当の観音水はここです

どこの水を見てもキレイ

でも大体
少しは何かが捨てられている

缶とか
ペットボトルとか
マンガ雑誌とか
アイスの袋とか

見事な水は
真に見事な姿を眺めたいものです

大好きな西条の水が
守られていきますように

20100702 西条北中学校

全6回の4回目

ワークショップ名は「わきいでる水になろう!」
水の都・西条に相応しい素敵なタイトルです

一年生全員約250人が対象
まあうるさいうるさい(笑)
1回目を終えたときは講師陣そろって呆然としたものでした

けれど
本格的に「わきいでる水」の創作に入った今
彼らも少しずつ変わってきています
騒がしいのは相変わらずだし
暑さや疲れに負けて集中力が続かないこともありますが
アイデアを出し合って懸命に自分たちなりの湧き水を表現しようとする姿には
今この瞬間を生きる輝きがあるのです

教えるでもなくましてや従わせるでもなく
ぼくら大人が彼らにしてやれるのは
見続けて声をかけて信じることだけなんだなぁと
つくづく思います

突然現れて数回しか会わないぼくらが「君たちを愛している」と言っても
説得力は無いし気味が悪いだけでしょう
けれども
ぼくらは演劇の力を知っているし
人間の力も信じている
一緒に考えてヒントを出して
話して、笑って、ときに怒って
そうして
「ちゃんと見ているから、行けるところまで行っておいで」
と伝え続けるしかないのです

あと2回
彼も彼女も、あいつもこいつも
まだ見ぬ景色を見られますように

 澤 唯

使命館

本日の給食

まいど
館長の澤唯です

またもや愛媛県西条市に来ています
今回は3泊と、やや長丁場です

6月最後の日は初めてお邪魔するところ
徳田小学校でのワークショップでした

素直で明るい小学生たちに囲まれて
楽しい時間をともに過ごさせてもらいました

そして
ええ、そうです
またしても給食とのめぐり合いです

大明神川

生徒たちに混じって美味しくいただきました

その後
水辺が大好きなぼくは
再び大明神川に会いに出かけたのです

恒例行事

前回とは違うポイント
少しだけ上流に足を向けました

川中の石に立ってみたり

流れたり佇んだり

植物たちも夏らしく生い茂り
水と草木に癒やされたのでした

紫陽花
川、竹、橋

では最後に
そんなぼくとは違い
お酒で疲れを癒すなどと大人ぶる
長谷基弘43歳

すぐに「おんぶしてー」とか言うくせに

長谷inバー

天狗になる!

どうも
terraceの澤唯です
事件です

6/25 小松中4回目
3年生対象のラスト

その全4回のワークショップ名がタイトル
命名長谷基弘

生徒たちが天狗になる(もちろん、うぬぼれて高慢になるわけではありません)
というかグループワークで架空の(天狗はそもそも架空だけど)オリジナル天狗を形成するプログラムなんですが
なぜか講師が先駆けて天狗に

くちばし(?)を付けて

更に頭巾(ときん)をかぶる

アシスタント天狗のキタムラ
特技はアシストと褒めることです
これに白いハッピを着て葉っぱの付いた枝を握れば完成です

司会天狗、大いに語る

司会天狗のハセ
特技は軽妙なトークとアメリカンジョークです
やはり白いハッピを着て柄の長いうちわを持てば完全体です

これで子どもたちはコミュニケーションの大切さに気づくのです!

たぶん

使命館

うまいメシはうまい

 

6/24 サッカー日本代表の長友選手の母校でもある西条北中学校に乗り込む
もちろん物騒な話ではなく
いつもの通りワークショップです
全6回の3回目

向かう前にお昼ごはんを食べて気合を入れます
これが安くて美味しくて

雑穀ごはんに麻婆においしい水
たまりませんな

おいしいにゃあ

 

お行儀よく、しかし一心不乱に食べる二人
terrace伊藤馨とterrace北村耕治

結局デザートもいただいて満足
「よし、やるぞ」と戦地へ赴いたのです

そうです
現場はいつでも戦場です

ぼくらはいつもクタクタになるまで楽しみ尽くすのです
生徒たちもそうだといいな

お魚ちゃん…

 

約250人の中学一年生を相手に格闘し
疲れた体を癒すために
再びおいしいものを求めて街へ

新鮮な海鮮を発見

お魚をこよなく愛すキタムラはもう夢中
写真を撮る背中が真剣過ぎて面白い
彼は鰻とドジョウを飼っています

そうなんや

terrace代表・林成彦も興味津々

彼はとても頭がいいのだけど
同時にいろいろ抜けた人でもあります

彼が「そういうことか!」と言ったら要注意
天然ぶりを発揮して勝手な納得をしているに違いないからです

天然鰤みたいになっちゃった

以上、館長の澤唯でした

20100522 西条探訪記2

ども伊藤馨です。

実地調査や下準備やらで結局10日間西条にお世話になっていました。

また、来週も行きますが。

そんなわけで、町で見かけた個人的なお気に入りの場所シリーズです。

搬入口

西条の市役所の別館はもともと文化会館(?)だったので、中にホールがあります。

なので、もちろん搬入口があります。

ただし、4階なので搬入はクレーンです。

今は使われてないようですが、、、

後ろは神社が迫っているので、どうやって使われていたのかは想像がつきません。

西条橙

西条だいだい

勝手な思いこみだけど、愛媛は柑橘王国。

これを見て市教委の方々に話を聞いたら、庭に橙植わってるよ。普通に。

とか言われました。

だんじり

西条まつりは10月だ

けど、たまたま行っている時に「だんじり」が出

ているのが見られました。

残念ながら担がれてはいなかった。。。

下に車輪が付いていて、みんなで引っ張ってました。

ほんとは担ぐらしい。

10月に見られるといいなぁ。

これは、稲荷さんか何かのお祭りでだんじり出して練り歩いていたみたい。

みんな楽しそうに路地を曳いて回ってた。

こころ

おすすめのご飯やさん。

体にいいものが食べられます。

図書館の向かいで、総合文化会館の隣。

この日は豆腐とチーズのはさみフライでした。

おいしかった。

お店のお姉さんと話したり、町の人と話したり、ゆったり過ごしました。

ほたるの里

総合文化会館の横の路地を川筋に沿って入っていくと、こんないいところが。

水がきれいだし、柳が風に揺れていて、とてもきれい。

小さい魚も泳いでるし。

もう少しすると蛍が見られるんだそうな。

楽しみだなぁ。

五輪さん
五輪さん2
徳常寺跡

拡大して、読んでほしい。

なかなか笑える。

駅前を総合文化会館に向かって歩くと、左側に居ます。

徳常寺跡はその先の図書館の手前。

たごりだいみょうじん
たごりだいみょうじん2

これまた読んでほしい。

読めばわかる。

ご利益は疑わないけど。

誰が見ていたのだろうか。

とても気になる。

石碑のが大きすぎて、お社が小さいので探して、その辺の人たちに聞いてまわってしまいました。

ちなみに知名度は低いようです。

この話だけで、子供らの創作一本は出来るなぁ。と思っているのだけど、今回はやらなそうだなぁ。残念。いつか、これを演劇にしたいなぁ。

五輪さんとまとめて。そういえば「天正の陣」についてのことをもう少し調べたいんだった。

続きはまた今度。