「演劇」タグアーカイブ

2018年度のワークショップの記録

昨年度のワークショップおよび授業を行った学校は下記の学校です。

埼玉県立芸術総合高等学校
授業 舞台科19期 メイン講師 コーディネート

東京都杉並区立富士見丘小学校
4年生から6年生 ワークショップ
メイン講師 コーディネート

愛媛県西条市立大町小学校
愛媛県西条市立氷見小学校
愛媛県西条市立吉井小学校
愛媛県西条市立壬生川小学校
愛媛県西条市立橘小学校
愛媛県西条市立三芳小学校
愛媛県西条市立飯岡小学校
愛媛県西条市立徳田小学校
茨城県久慈郡大子町立上小川小学校
茨城県久慈郡大子町立だいご小学校
4年生から6年生 ワークショップ
メイン講師 コーディネート

立川市における本事業実施の別団体への講師および補助者派遣
提携団体のTheaterOrtさんのコーディネートによるもの

おなじみの学校が多いのですが、一年間というか半年くらいの期間で、これだけの学校を回ると目が回ります。
terraceのメンバーは、メイン講師を行う長谷、伊藤、綾田。
コーディネートを行うマネジメントチーム3人という小さい団体です。

茨城県、愛媛県、東京都と、ワークショップをしてから移動ということが多くなります。
くたくたでホテルに泊まって、翌日朝イチからというときもあります。

立川から茨城県の北端まで移動とかになると、かなりの距離になります。
とはいえ、ワークショップで出会う人たち。
特に先生は、僕たちにとても大きな刺激を与えてくれます。

本当に昨年度もお世話になりました。
今年度もよろしくお願いいたします。

というわけで、各地の写真集です。
IMG_20190130_124742_220

IMG_20190129_215042_679

IMG_20190122_131220_464

IMG_20190122_120109_667

IMG_20190118_124002_131

IMG_20190117_143845_802

IMG_20190116_172844_032

IMG_20181214_134731

IMG_20181213_202815

IMG_20181213_093727_519

DSC_0265

DSC_0261

DSC_0250

DSC_0222

茨城県久慈郡大子町でのワークショップを学校サイトで紹介してもらっています。など。

MD伊藤馨です。

今も僕は愛媛にいるのですが、Webは便利ですね。
別チームの茨城県の様子を学校のサイトでアップしてくれています。

袋田小学校だより 聴いて考え,発信するコミュニケーション

http://www.daigo.ed.jp/joke3ftw1-687/#_687

写真がいっぱいでどんな感じで進んでいるのかがよくわかるようになっています。

手前味噌ですが、これだけ褒められるとなんともはやドキドキしてしまいます。
嬉しいですね。

僕ら、愛媛県西条市のチームも、こどもたちと同じプログラムをやっています。
プログラムは一緒でも、地域性の違いにより、出来上がるものもずいぶん違います。
僕たちはふらっときた異邦人なので、こどもたちががらりと変わる。そんな奇跡が起きるわけがないのです。
それは、本当に普段から色々な事を学んでいて、一年の中で、たったの三回のワークショップですが、そこまでの間に一年生の時から先生たちや保護者の方々が植えてきた種が芽吹く瞬間に出会うこともあり、そういうときは非常に嬉しいです。
でも、そこは先生たちに誇ってもらいたいな。と思います。
ここまで、育てたんだぞ。って。
僕ら、ご相伴にあずかっているだけですから。
コミュニケーション能力を育成するためには、「何が出来て、何が出来ないかを知る」これがスタートラインです。
そこから、得意なことと苦手なことを少しずつ出来ることに変えていく。それを知るチャンスになればいいな。と思っています。
愛媛チームも茨城チームも明日もワークショップです。
引き続き、がんばっていきたいと思います。

茨城県の大子町でのワークショップを紹介してもらっています。

MDの伊藤馨です。

1月の最初は茨城県の大子町に行っていましたが、今は愛媛県に滞在して、いろんな学校のワークショップに行っています。

そんな中ですが、大子町の各小学校が、ワークショップの様子を紹介してくれているので、こちらでご紹介します。
大子町の人たちは、レスポンスがとても早いでの、油断しているとあっという間に学校サイトにアップがしてあって、すごいなー。と思います。
僕らの記事以外も面白いものが多いので、よろしければ見てみてください。
大子町はとてもいいところですよ。

だいご小学校だより
第2回目のコミュニケーション能力育成事業
http://www.daigo.ed.jp/jozegzcwg-570/#_570

依上小学校だより 
充実の第2回「芸術表現体験」活動!!
http://www.daigo.ed.jp/jo939k6w6-446/#_446


袋田
小学校だより
聴く力が向上しました
http://www.daigo.ed.jp/jo6x58r4a-687/#_687

充実の第2回「芸術表現体験」活動!!
http://www.daigo.ed.jp/jofya2j7l-687/#_687

写真も充実しているので、かなり雰囲気はわかると思います。
大子町も概ね前半戦が終わって、後半戦に突入し始めました。
翌々週から、僕も大子町に舞い戻るので、どんな感じになっているかが楽しみです。

 

 

新年発は南から。奄美大島初日の夜に考えた。

2014-01-12-121407

2014-01-12-121407MDの伊藤馨です。
PDの長谷と一緒に、今日から奄美大島に来ています。

 

3連休を一日ずらして、今日なら空いてるかも。っていうことで、わざわざ二日前にずらして移動をしたのに。
残念ながら、激混みの飛行機に乗って移動。
明日は成人式なんだよなー。
っていうのを飛行機のアナウンスで実感する。
しかも、今日は日曜なのね。なんということも。
年末年始も人並みには過ごしたはずなんだけど、考えることが多いし。
何より、年明けからバタバタと動かなくてはいけないので、その準備で終わった感じがします。

 

さて、本年の頭は奄美大島の宇検村から始まり、そのまま茨城県に移動。
詳しくは、長谷のblogに書いてあるので。
mloge
http://www.momouta.org/b/mloge/2014/01/12/diary_20140112uken/

 

年末年始にぼやぼや考えていたことがあります。
感覚的なこともあるのですが、こどもたちの言語力がこの一年で極端に落ちたように感じています。
具体的に説明するのが難しいのですが、一つの言葉に対しての語彙力が落ちているというのが正しいでしょうか。
たとえば、僕らがワークショップの中で使っている「わき水」をお題にした詩の創作があるのですが、「水」という言葉を聞いたときにこどもたちから出てくる身体的なイメージが希薄になってきているように感じます。
「水」は言葉としての「水」以外ではなく、そこから音としてや、意味合い的なものによる発展性がないものになってきいるということです。
これは、当然ですが会話の中での言葉使いにも影響してきています。
一つの事物に対しての見解に多面性がないため、会話が押し問答になってしまいます。
一人の中に構築されている言語世界に対して、他者の意見を取り入れることで、再構築されていく、そうして語彙力が増えていくというプロセスを踏んでいるはずなのですが、この再構築がうまくいかないので、よくよく創作されたものを観察してみると、構築されている言語世界が非常に平面的なものになっていました。
これは、誰か個人のことにフォーカスをあてているのではなく、各地のワークショップの様子を見て感じたことです。単年度ごとの違うこどもたちも、経年度を追いかけているこどもたちも同様です。

 

読書が足りないのじゃないか。
これも一つ考えたのですが、単純な読書量だけで言えば、統計で見ても増えているように思います。読んでいるものの質を加味しなければ。

 

そして、そのことが何を生み出しているのかをこの年末年始に考えていました。
結論づけるほどのことは何も思い浮かばなかったのですが、実家でぼんやりテレビを見ていて、これは一つあるな。と、思ったことがあります。
延々とバラエティ番組が垂れ流されるお正月番組。
そこには口語のみによる選び取られてない言葉たちの偶然性の強い産物で満たされていました。
再現性のある言葉ではなくて、再現性のない偶然性で作られたもの。
演劇は、むしろその対極にあって、再現性がなくてはいけないもの。
こどもたちに演劇の真似事をさせる。
ワークショップで扱っているのは演劇ではあるけど、こどもたちが演劇を真似事以上に取り組んではいけないと考えているため、こういう書き方になってしまいます。どうして、そう考えているかを説明するだけで、ものすごい時間がかかるので、世阿弥先生の風姿花伝を読んでいただければと思います。ちょっとだけ引用。
「第一  年来稽古条々 七 歳 一、この芸において、大方七歳をもて初めとす。このころの能の稽古、かならずその者しぜんといたすことに得たる風体あるべし。」

 

自分がこどもの自分はバラエティ番組の方が少なくて、大方はドラマが大勢を占めていました。その中で、「誰かが選び取った言葉」による「再現された会話」を見ることが多く、それを日常の口語のやり取りに加えて記憶していったのだと思います。
当然、本も読んでいました。
少し、話が戻りますが、読書量は減ってないけれど、質が下がってるのではないか。
この点については、自分たちが行っている範囲の中での特徴として、「伝記」が読まれていないということには、もう何年も前から気になっていることでした。
「伝記」には人生が描かれているので「圧倒的な挫折」があります。
そういったものに触れないことも大きなことなのかもしれない。などと考えてみたりもします。

 

一つ気が付いたのは、こどもたちがこの一年という短期的な期間で「演劇」の「真似事」をするための「お手本」がない。ということなのかもしれない。ということです。
私が感じるのは、こどもたちが日常の中で、触れることで成長してきた何かが欠けてきているという不安と危惧です。
ワークショップというある種の日常を集大成した時間を扱うものとして、少しの変化を大きくとらえているのかもしれません。

 

他者との融和の前に、自己との融和が出来てないことが大きな問題です。
人は鏡でしか、自分の姿を判別できないものです。
その鏡にあたる部分が徐々になくなっているということなのかもしれません。
1年間の数日しか関わらない僕たちにとって、出来ることはとても少ないと思います。
一方で、ほんの数日だから出来ることも多いはずです。

 

新年早々、おかたい感じですが、自分たちの社会的な役割の大きさを踏まえつつ。
まだまだ、社会の端っこの方に引っかかってるだけの僕たちをよろしくお願いいたします。

 

 

 

年内最後のワークショップ報告 at 大子町

MDの伊藤馨です。

大子町の学校はフットワークが軽くて、油断をしているといろいろ情報が来たり、アップロードされていたり。
なんて、ありがたいんだ。って思う反面、追いつかなくて申し訳ない。って思ってしまったりします。

 

コミュニティー能力育成事業スタート

http://www.daigo.ed.jp/index.php?action=pages_view_main&active_action=journal_view_main_detail&post_id=5709&comment_flag=1&block_id=570#_570

茨城県の大子町からの報告でした。

この学校は大子町でも中心地にある学校で、クラスも多いし、人数も多い学校でした。
残念ながら、僕は打ち合わせだけしか参加していないのですが、みんな楽しそうでよかった。

準備をする係なので、実際の現場には立ち会えないこともあって、それが少し寂しいですが、それも致し方ない。
ということで。

terraceのお仕事は、年末年始で今までの実施のふりかえりをしたり、年明けからのスケジュールを調整したりと、やることがいっぱいです。
ワークショップも明日ひとつやったら、おしまいです。

始まってしまうとあっという間に過ぎていきます。

一回、一回のワークショップで出来ることは、学校の先生たちの日常に比べたら何もないと思います。
その日常があるからこそ、ワークショップという非日常で体感することが出来るし、それを今度は日常に戻していくことも出来る。
僕らは、そのちょっとしたお手伝いに行っているだけなんだけど、そのちょっとしたお手伝いが、「余計なおせっかい」や日常を破壊することになりかねないというリスクがあることを忘れてはいけないのだな。と、クリスマスソングを聞きながら、思っています。
さ、もう一頑張り。

やってきました。愛媛県西条市!

MDの伊藤馨です。

今日から、西条市でのコミュニケーション教育(児童生徒のコミュニケーション能力の育成に資する芸術表現体験事業-派遣事業)が始まります。

西条市では4年目。

この事業の初年度からお世話になっています。

こうして地方の自治体レベルで協力し続けてくれる地域があると、それだけ地域のことをピックアップしていけるし、また、先生同士の間での情報交換も行われてくるし、だんだん実施自体がこなれて中身もよいものになっていきます。

僕らのワークショップは、演劇の非日常空間で日常空間(学校生活)で培ったものをこどもたちに再確認、再認識してもらうものだと思っています。

必要なのは、人と人がわかりあうために、少しでも人の間にあるものに興味を持ってもらうこと。

そのために、シンプルでわかりやすく、こどもたちの状態に合わせて運用を変えることが出来るプログラムが必要だと思っています。

西条市で運用しているプログラムもバージョンの変化を重ねつつ、こういう基本的なところは変わらないものが徐々に出来上がってきています。

これは、ひとえに西条市の教育委員会や学校の先生方のご協力の賜物です。

ワークショップが一過性のものではなく、その後に残るものにしていくという、短期間のものであるからこそ、こどもたちの中に、先生の中に大事な時間に少しでもなるように今回もがんばって行きたいと思います。

学校のblogなどで紹介されたり、また、色々とご報告出来ればと思います。

今日はあいにくの雨模様ですが、がんばってきます。

 

国民生活センター 平成21年度 消費者教育に関わる講師養成講座 演劇創作ワークショップ

国民生活センター 平成21年度 消費者教育に関わる講師養成講座 演劇創作ワークショップ
準備段階
・グループ分け
・尾崎放哉カードを作成
・シチュエーションを準備
グループわけについて
午前
124人
受講No. 奇数番 62名  →講堂
受講No. 偶数番 62名  →宿泊棟ロビー
午後
赤組  (1~32, 91~124)    →講堂
白組  (33~90)    →宿泊棟ロビー
※それぞれ 10人か9 人のグループに分かれる。
※名札にグループ番号がついている。
午前  – ロールプレイングに活かすコミュニケーションゲームの手法
10:00 –
・説明
講師、アシスタントの自己紹介
今日やることの説明
・ウォーミング・アップ(ゲーム)
全員で散る
体を動かす  – 体幹の旋回
足首ほぐし
空間を二分し、自己紹介を兼ねた、集合ゲーム
東日本に住んでいる人・西日本の人(※自分が思うのでいい)
メガネをかけている人・かけていない人
1月から6月生まれの人、7月から12月生まれの人
空間を四分し、集合ゲーム
生まれが、北海道の人、本州の人、九州沖縄の人、四国の人
自分の受講番号を4で割って、あまりが1、2、3,0の人 – –
2
※1,2,3の人は、その番号が「あまり」
→輪になる
入れ替わりゲーム(オプショナル)
ランダム歩き
誰とも目を合わさない
いろんな人と目を合わせる
いろんな人と挨拶を交わす
いろんな人をほめる
感覚を使う  – 暑がりながら
感覚を使う  – 寒がりながら
感覚を使う  – 風が強い
※ランダムに繰り返し
・グループに分かれる
あまりが1か3 →奇数 →講堂
あまりが2か0 →偶数 →宿泊等ロビー
10:40
各講師あらためて挨拶(簡単に)
ランダム歩き→止まると同時に 2人 1組になる
2 人1 組→1.2.3ゲーム
ランダムに歩く→止まると同時に2 人1 組になる
3 人1 組→めつぶり電車ゲーム
・説明
・3パターン、やる
・ふりかえり1分
・ベストポジションをつくる
・連結ゲーム、説明
・連結ゲーム、やる
・挨拶して解散
ランダムに歩く→止まると同時に2 人1 組になる
– –
3
11:00
・フローズンピクチャーによる身体表現
・ものや抽象概念を言う。それを体全体で数秒以内に表現。
・それを使っている人ではなく、それそのものを体全体で表現する。
・繰り返し可能であれば動きがあったもかまわない。
・言葉を使って相談しあわないこと。暗黙のうちにつくる。
・できた「作品」に音はなし。喋らない。
2人で1つのもの
洗濯機/携帯電話/たき火/腕時計/ローソク
テレビのリモコン/ギター/アコーディオン
新幹線/東京タワー/小銭入れ
2人で2つのもの
物差しとコンパス/鉛筆と消しゴム/机と椅子/うちわと扇風機
ナイフとフォーク/サンダルと革靴/ハンカチとネクタイ
メガネとサングラス/マッチとライター/木琴と鉄琴/英和辞典と国語辞典
4人で1つのもの
8人で1つのもの
かに/えび/ヨット/バナナ/スペースシャトル
勇気/若さ/誘惑/ふとした過ち/旅行の思い出
海のそばに建っている家/飼い主に忘れられた猫
桜の木にまつわる思い出
※抽象的なものに入る前には、改めて「人はナシ」なことを示唆する。
※でもやってみて人が入っていても、そこはツッコまない。
11:20
・休憩&グループ分け
休憩後に、さらにグループに分かれることを説明
赤組  (1~32, 91~124)    →講堂
白組  (33~90)    →宿泊棟ロビー
※それぞれ 10人か9 人のグループに分かれる。
※名札にグループ番号がついている。
11:30
・創作グループで輪をつくる
※名札にグループ番号がついている。
※講師はグループが使うエリアを指示する。 – –
4
・キーワード・フレーズを用いた場面創作
・尾崎放哉の句を用いる
・文字は、身体から発せられて、言葉となる
身体が伴わなければ、ただの音。
身体を伴うと、感覚と共になにかが相手に伝わる。
そのことを体験的に味わう。
カード配布(裏面を保持)
初見読み(一人ずつ、表にし、声に出して読む、を繰り返す)
※読めない漢字があったら、とりあえず雰囲気で読む。間違っても OK
個人作業  – 身体に落とし込む
散る
・体を揺すりながら読む
・その場でジョギングしながら読む
・遠くめがけて読む
・人以外の具体的ななにかを指さしながら読む
・誰か(人)を指さしながら読む
・人以外の何かに、近距離で語りかける
・誰か(人)に語りかける
・ことばをすきまに滑り込ませる
・手話化する(説明→やる)
グループに戻る
二度目の読み、そして味わう
・午後のための準備
時間があるならば 句を選ぶ作業
時間がないならば、昼食休憩時の宿題にする
12:00
食事休憩
※この間、午後の進行について打ち合わせ
12:40
午後  – 演劇創作の手法を用いたシナリオの発展とグループワーク体験
・創作グループに分かれる – –
5
句を選ぶ作業が終わっていることを確認。
→終わっていなければ速攻で選ばせる。
・創作1
グループになり、各自が持っているカードの句うち「一つ」だけを選ぶ
まずは全員で、その句を味わう。
そのカードに書かれ句からイメージされる場面を考える。
それを短い場面として表現する。
書かれていることをそのままやるのではない。
その句全体から伝わること、書かれていないことを、想像させること。
午前にやった内容も思い出し、参考になるようであれば取り入れる。
条件  上演時間は 10秒から30秒(目安)程度。
台詞はナシ。
ただし選んだ句を、必ずどこかで発語すること。→全員で声をそろえて言  って
も分けて言っても良いし、一人が発するのでもよい。
全員が必ず出ること。
13:00
・創作1  – 発表と講評
13:20
・創作2
ロールプレイングに使えそうなシチュエーションを配布
そのシチュエーションを用いてシーンを創作する
創作1を活かすこと。
そのまま使えたり、ディティールをふくらませて使ったりすること歓迎。
シチュエーションをつかう。
ただし説明はしなくていい。
そういう状況がある、という前提で、たとえば自宅であったり、電車のなか  だっ
たり、公園だったり、など。
抽象的になってもいい。
登場人物は、必ずしも人間である必要はない。
条件  1~3分(目安)程度
台詞は使って良い。ただし説明にならないよう注意。 – –
6
創作1で用いた句を、必ずどこかで発すること。
全員が必ず登場すること。
※休憩は、各グループ内で判断し、適宜。
13:50
・創作2  – 発表と講評
14:15
・代表作品を(講師が)選び、講堂に集合
・代表作品(2 作)の発表
・講評
14:30
・ふりかえり
グループになって、ふりかえりをする
・どういうときに壁にぶつかったのか、どういう壁か
・それをどうやって乗り越えたのか
・作品の感想
・講師の指導方法について、今後の参考になりそうなところがあったか、なかったか
あったとしたら、どんなところか
・講師に質問したいことはあるか?
講師が選んだ数グループに、代表者から話した内容を発表し、質問をしてもらう。
14:55
・まとめとクールダウン
適当に散る
講師(長谷)によるまとめ
クールダウン
15:00
・終了
※自由質問タイム?
創作のためのミッションシート
創作1 – ミッション
先程使った各自のカードをグループ内で見せあい、
グループで一つの句を選ぶ。そして、
最初にもっていた人のイメージにとらわれなくていい。
グループメンバー全員で、新しいイメージを考える。
書かれていることをそのままやるというよりは、その句全体から伝わることや、書かれてい
ないことを、観る人に想像させたり感じさせたりするように創る。
午前にやった内容も思い出し、参考になるようであれば取り入れる。
表現として抽象的になってもいい。例えば登場人物は、必ずしも人間である必要はない。
例えば「風」や「落ち葉」や「○○な気持ち」の役があっても良い。
条件:
・上演時間は 10 秒から 30 秒(あくまでも目安)。
・必ず全員が登場すること。
・台詞は使わない。
・1シーンであること(舞台上の時間と実時間が一致していること)。
・場面中、選んだ句を、なんらかの形で発すること。
全員で言ってもいいし、何人かで分けて言ってもいい。一人だけが言うのもアリ。
コツ:
・創作の制限時間は短い。話し合いに時間をとられると完成できない。
・実際に身体を動かして、やってみながら考えると、意外と早くできる。
・横幅広く空間を使おうとすると、見づらい作品になる。狭めにつくるのが見やすいコツ。
– –
創作のためのミッションシート2
創作2 – ミッション
配られたシチュエーションを読み、、
創作1を活かすこと。
そのまま使っても良いし、ディティールをふくらませて使っても良い。
あるいはイメージを広げ、そこから連想される新たなイメージを作っても良い。
あまりにも難しそうだったら、句だけ使うのもの OK。
シチュエーションの説明を言葉でしないこと。
そういう状況がある、という前提で、文章中にない新たなシーンを作る。
シチュエーションの再現を目的とはしていない。
なので、シチュエーションのすべてを盛り込む必要はない。
特に気になるところだけを抽出したり、大胆にシンプル化するのもアリ。
表現として抽象的になってもいい。例えば登場人物は、必ずしも人間である必要はない。
条件:
・上演時間は 1 分から最長で 3 分程度。
・必ず全員が登場すること。
・台詞も使って良い。
・1シーンであること(舞台上の時間と実時間が一致していること)。
・場面中、選んだ句を、なんらかの形で発すること。※創作1と同条件
全員で言ってもいいし、何人かで分けて言ってもいい。一人だけが言うのもアリ。
コツ:
・「どんな場所」かをまず決める。
・次に「時間帯」を決める。
・その「場所」と「時間」がリアルに感じられるような工夫をする。
・全員登場するためには、無関係な人の出入りもあり得るオープンな場所・時間帯に
しておくと、つくるのが楽。
・客席から見て平面的な空間の使い方をすると、リアルさが薄れる。奥行きも使おう。
※  これはあくまで事前に立てたプログラムです。
途中、進行の都合などにより、時間や内容の変更をしている部分もあります。
※ 上記プログラムの無断転用、使用を禁じます。必要がある場合はterraceまでご連絡ください。

プログラム作成 長谷基弘 (terrace,劇団桃唄309主催)

コーディネート 伊藤馨 (terrace代表)

受講者数 120人

メイン講師 長谷基弘

講堂

講師 北村耕治

フォロワー 澤唯

アシスタント 古澤理紗

宿泊棟ロビー

講師 林成彦

フォロワー 伊藤馨

アシスタント 中村公平

準備段階

・グループ分け

・尾崎放哉カードを作成

・シチュエーションを準備

グループわけについて

午前

124人

受講No. 奇数番 62名  →講堂

受講No. 偶数番 62名  →宿泊棟ロビー

午後

赤組  (1~32, 91~124)    →講堂

白組  (33~90)    →宿泊棟ロビー

※それぞれ 10人か9 人のグループに分かれる。

※名札にグループ番号がついている。

午前  – ロールプレイングに活かすコミュニケーションゲームの手法

10:00 –

・説明

講師、アシスタントの自己紹介

今日やることの説明

・ウォーミング・アップ(ゲーム)

全員で散る

体を動かす  – 体幹の旋回

足首ほぐし

空間を二分し、自己紹介を兼ねた、集合ゲーム

東日本に住んでいる人・西日本の人(※自分が思うのでいい)

メガネをかけている人・かけていない人

1月から6月生まれの人、7月から12月生まれの人

空間を四分し、集合ゲーム

生まれが、北海道の人、本州の人、九州沖縄の人、四国の人

自分の受講番号を4で割って、あまりが1、2、3,0の人 – –

2

※1,2,3の人は、その番号が「あまり」

→輪になる

入れ替わりゲーム(オプショナル)

ランダム歩き

誰とも目を合わさない

いろんな人と目を合わせる

いろんな人と挨拶を交わす

いろんな人をほめる

感覚を使う  – 暑がりながら

感覚を使う  – 寒がりながら

感覚を使う  – 風が強い

※ランダムに繰り返し

・グループに分かれる

あまりが1か3 →奇数 →講堂

あまりが2か0 →偶数 →宿泊等ロビー

10:40

各講師あらためて挨拶(簡単に)

ランダム歩き→止まると同時に 2人 1組になる

2 人1 組→1.2.3ゲーム

ランダムに歩く→止まると同時に2 人1 組になる

3 人1 組→めつぶり電車ゲーム

・説明

・3パターン、やる

・ふりかえり1分

・ベストポジションをつくる

・連結ゲーム、説明

・連結ゲーム、やる

・挨拶して解散

ランダムに歩く→止まると同時に2 人1 組になる

– –

3

11:00

・フローズンピクチャーによる身体表現

・ものや抽象概念を言う。それを体全体で数秒以内に表現。

・それを使っている人ではなく、それそのものを体全体で表現する。

・繰り返し可能であれば動きがあったもかまわない。

・言葉を使って相談しあわないこと。暗黙のうちにつくる。

・できた「作品」に音はなし。喋らない。

2人で1つのもの

洗濯機/携帯電話/たき火/腕時計/ローソク

テレビのリモコン/ギター/アコーディオン

新幹線/東京タワー/小銭入れ

2人で2つのもの

物差しとコンパス/鉛筆と消しゴム/机と椅子/うちわと扇風機

ナイフとフォーク/サンダルと革靴/ハンカチとネクタイ

メガネとサングラス/マッチとライター/木琴と鉄琴/英和辞典と国語辞典

4人で1つのもの

8人で1つのもの

かに/えび/ヨット/バナナ/スペースシャトル

勇気/若さ/誘惑/ふとした過ち/旅行の思い出

海のそばに建っている家/飼い主に忘れられた猫

桜の木にまつわる思い出

※抽象的なものに入る前には、改めて「人はナシ」なことを示唆する。

※でもやってみて人が入っていても、そこはツッコまない。

11:20

・休憩&グループ分け

休憩後に、さらにグループに分かれることを説明

赤組  (1~32, 91~124)    →講堂

白組  (33~90)    →宿泊棟ロビー

※それぞれ 10人か9 人のグループに分かれる。

※名札にグループ番号がついている。

11:30

・創作グループで輪をつくる

※名札にグループ番号がついている。

※講師はグループが使うエリアを指示する。 – –

4

・キーワード・フレーズを用いた場面創作

・尾崎放哉の句を用いる

・文字は、身体から発せられて、言葉となる

身体が伴わなければ、ただの音。

身体を伴うと、感覚と共になにかが相手に伝わる。

そのことを体験的に味わう。

カード配布(裏面を保持)

初見読み(一人ずつ、表にし、声に出して読む、を繰り返す)

※読めない漢字があったら、とりあえず雰囲気で読む。間違っても OK

個人作業  – 身体に落とし込む

散る

・体を揺すりながら読む

・その場でジョギングしながら読む

・遠くめがけて読む

・人以外の具体的ななにかを指さしながら読む

・誰か(人)を指さしながら読む

・人以外の何かに、近距離で語りかける

・誰か(人)に語りかける

・ことばをすきまに滑り込ませる

・手話化する(説明→やる)

グループに戻る

二度目の読み、そして味わう

・午後のための準備

時間があるならば 句を選ぶ作業

時間がないならば、昼食休憩時の宿題にする

12:00

食事休憩

※この間、午後の進行について打ち合わせ

12:40

午後  – 演劇創作の手法を用いたシナリオの発展とグループワーク体験

・創作グループに分かれる – –

5

句を選ぶ作業が終わっていることを確認。

→終わっていなければ速攻で選ばせる。

・創作1

グループになり、各自が持っているカードの句うち「一つ」だけを選ぶ

まずは全員で、その句を味わう。

そのカードに書かれ句からイメージされる場面を考える。

それを短い場面として表現する。

書かれていることをそのままやるのではない。

その句全体から伝わること、書かれていないことを、想像させること。

午前にやった内容も思い出し、参考になるようであれば取り入れる。

条件  上演時間は 10秒から30秒(目安)程度。

台詞はナシ。

ただし選んだ句を、必ずどこかで発語すること。→全員で声をそろえて言  って

も分けて言っても良いし、一人が発するのでもよい。

全員が必ず出ること。

13:00

・創作1  – 発表と講評

13:20

・創作2

ロールプレイングに使えそうなシチュエーションを配布

そのシチュエーションを用いてシーンを創作する

創作1を活かすこと。

そのまま使えたり、ディティールをふくらませて使ったりすること歓迎。

シチュエーションをつかう。

ただし説明はしなくていい。

そういう状況がある、という前提で、たとえば自宅であったり、電車のなか  だっ

たり、公園だったり、など。

抽象的になってもいい。

登場人物は、必ずしも人間である必要はない。

条件  1~3分(目安)程度

台詞は使って良い。ただし説明にならないよう注意。 – –

6

創作1で用いた句を、必ずどこかで発すること。

全員が必ず登場すること。

※休憩は、各グループ内で判断し、適宜。

13:50

・創作2  – 発表と講評

14:15

・代表作品を(講師が)選び、講堂に集合

・代表作品(2 作)の発表

・講評

14:30

・ふりかえり

グループになって、ふりかえりをする

・どういうときに壁にぶつかったのか、どういう壁か

・それをどうやって乗り越えたのか

・作品の感想

・講師の指導方法について、今後の参考になりそうなところがあったか、なかったか

あったとしたら、どんなところか

・講師に質問したいことはあるか?

講師が選んだ数グループに、代表者から話した内容を発表し、質問をしてもらう。

14:55

・まとめとクールダウン

適当に散る

講師(長谷)によるまとめ

クールダウン

15:00

・終了

※自由質問タイム?

創作のためのミッションシート

創作1 – ミッション

先程使った各自のカードをグループ内で見せあい、

グループで一つの句を選ぶ。そして、

最初にもっていた人のイメージにとらわれなくていい。

グループメンバー全員で、新しいイメージを考える。

書かれていることをそのままやるというよりは、その句全体から伝わることや、書かれてい

ないことを、観る人に想像させたり感じさせたりするように創る。

午前にやった内容も思い出し、参考になるようであれば取り入れる。

表現として抽象的になってもいい。例えば登場人物は、必ずしも人間である必要はない。

例えば「風」や「落ち葉」や「○○な気持ち」の役があっても良い。

条件:

・上演時間は 10 秒から 30 秒(あくまでも目安)。

・必ず全員が登場すること。

・台詞は使わない。

・1シーンであること(舞台上の時間と実時間が一致していること)。

・場面中、選んだ句を、なんらかの形で発すること。

全員で言ってもいいし、何人かで分けて言ってもいい。一人だけが言うのもアリ。

コツ:

・創作の制限時間は短い。話し合いに時間をとられると完成できない。

・実際に身体を動かして、やってみながら考えると、意外と早くできる。

・横幅広く空間を使おうとすると、見づらい作品になる。狭めにつくるのが見やすいコツ。

– –

創作のためのミッションシート2

創作2 – ミッション

配られたシチュエーションを読み、、

創作1を活かすこと。

そのまま使っても良いし、ディティールをふくらませて使っても良い。

あるいはイメージを広げ、そこから連想される新たなイメージを作っても良い。

あまりにも難しそうだったら、句だけ使うのもの OK。

シチュエーションの説明を言葉でしないこと。

そういう状況がある、という前提で、文章中にない新たなシーンを作る。

シチュエーションの再現を目的とはしていない。

なので、シチュエーションのすべてを盛り込む必要はない。

特に気になるところだけを抽出したり、大胆にシンプル化するのもアリ。

表現として抽象的になってもいい。例えば登場人物は、必ずしも人間である必要はない。

条件:

・上演時間は 1 分から最長で 3 分程度。

・必ず全員が登場すること。

・台詞も使って良い。

・1シーンであること(舞台上の時間と実時間が一致していること)。

・場面中、選んだ句を、なんらかの形で発すること。※創作1と同条件

全員で言ってもいいし、何人かで分けて言ってもいい。一人だけが言うのもアリ。

コツ:

・「どんな場所」かをまず決める。

・次に「時間帯」を決める。

・その「場所」と「時間」がリアルに感じられるような工夫をする。

・全員登場するためには、無関係な人の出入りもあり得るオープンな場所・時間帯に

しておくと、つくるのが楽。

・客席から見て平面的な空間の使い方をすると、リアルさが薄れる。奥行きも使おう。

※  これはあくまで事前に立てたプログラムです。

途中、進行の都合などにより、時間や内容の変更をしている部分もあります。

※ 上記プログラムの無断転用、使用を禁じます。必要がある場合はterraceまでご連絡ください。